健康寿命を延ばしましょう! 中高年の健康

糖尿病とカルシウムパラドックス2017.01.17

糖尿病とは、ぶどう糖を分解し、エネルギーに変える重要な役目をしているインスリンがすい臓から分泌されないために、起こる病気です。

 カルシウム不足とインスリンに分泌には関係があります。カルシウム不足の状態になると副甲状腺ホルモンの分泌が増えると、骨を溶かしてカルシウムが細胞の中に増えてしまう作用があります。これがカルシウムパラドックスです。こうなると、インスリンが必要だよという命令が届かなくなり、体内でのインスリンの分泌がうまくできていない状態になるのです。

 結果的に血液中のブドウ糖が分解されず、尿にまで出てくるようになるのです。そして糖尿病がさらに悪化してしまうケースがあります。

 

こうしたカルシウムパラドックスは、医学的解決もなく、改善の可能性はナノカルシウムだけなのです。

プレカルは世界で唯一、カルシウムパラドックスの改善を可能にしたナノカルシウムを使用しています。

 

Top