健康寿命を延ばしましょう! 中高年の健康

骨になることが重要です。2016.11.29

カルシウムパラドックスが起きている体は、腸での吸収は弱いのに、血液中や細胞に多すぎる状態です。

 

ですから、それを克服するためには、吸収されたカルシウムが骨になることが重要なのです。

 

骨になるということは、

・腸から吸収されて、骨を育てる「骨芽細胞」が活性化したということです。

・骨芽細胞が活性化すると、骨を壊す「破骨細胞」の活動を抑制することがわかって来ています。

・破骨細胞の活性が弱くなれば、血液中のカルシウムは減少し、パラドックスが解消の方向に動くことなのです。

Top