健康寿命を延ばしましょう! 中高年の健康

骨粗鬆症を放置していると寝たきりになる危険性も2016.11.12

骨粗鬆症は、カルシウムを奪われ骨密度が減少し、骨がスカスカになる状態になるのです。

 
これをそのままにしてると、骨が折れやくすなり、もし骨折すれば、手術が必要の場合が多く、その後寝たきりになる可能性も高まります。

 
特に転倒して大腿骨頸部骨折は、骨折の中でも大変深刻な状況になる場合が多いようです。そして、一気に健康状態は悪化していくと言われています。

%e9%aa%a8%e7%b2%97%e3%81%97%e3%82%87%e3%81%86%e7%97%87%ef%bc%91-1

Top